ダイヤモンド買取写メール無料査定
選ばれる理由
ジュエリーファンアプリ

ダイヤモンド買取カテゴリ一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

カラーダイヤモンド買取

宅配キットについて
お客様の声
知識ポータルサイト
  • メールでのお問い合わせ
  • 宅配キット申込み

相場情報

金4,894円(+7円)
プラチナ3,703円(0円)
銀66.85円(+0.22円)

ダイヤ買取の価格を御電話でお応え致します!

他社と比較するとこんなに変わるダイヤモンドの査定額

カラーダイヤモンド買取詳細

2016/03/12

ブルーダイヤモンド買取


ブルーダイヤモンド 画像

ブルーダイヤモンドとは

ブルーダイヤモンドは希少とされており、その価格相場についても非常に高いものとされています。もっとも価値の高いものであれば、1カラットあたり1億円を超える価格で、取引されることもあるといわれています。

カラーダイヤモンドの中で一番価値が高いといわれるレッドダイヤと並ぶほど、希少性が高くなかなか手に入らないダイヤです。 希少性もさることながら、欧米で青色は幸運を呼ぶともされており、そうした背景からも、さらにその価格が高まるのかもしれません。

ただ、価値が高いとされるのは「天然」のブルーダイヤモンドであり、科学的な処理などを施して青味を加えたものには、特別な価値はなく、通常のダイヤモンドと同程度の価格で取引されるのが一般的です。 ブルーダイヤモンドの特徴は、その美しい青色にありますが、これはホウ素という成分が含まれることによるものです。ダイヤモンドの結晶内に、偶然的にホウ素が含まれることで、天然の価値が高いブルーダイヤモンドが誕生します。

通常、ダイヤモンドは地中奥深くで結晶するため、周囲にホウ素が存在することは少ないとされています。そのため、加工処理をしていない天然のブルーダイヤモンドはめったに見つからないのです。

ブルーダイヤモンドに込められた意味

ブルーダイヤモンドは、カラーダイヤモンドの中でも高い人気を誇ります。
婚約指輪にも広く選ばれ、また近年では結婚指輪にブルーダイヤを選びペアリングで購入する方も増えています。
ブルーダイヤモンドは、知性を高め、持つ人の心を浄化してくれる働きがあります。
ネガティブな気持ちや感情をクリアに導いてくれ、物事を多方面から捕えることができるよう願いが込められています。
ブルーダイヤモンドを、ネックレスやブレスレット、リングやピアスとして身につければ、知力をあげ、物事をスムーズに解決することができるようになるでしょう。
また、ブルーダイヤモンドは年配の方にも人気が高いダイヤモンドです。
落ち着きがあり、ファッション性も高いブルーダイヤはペンダントなどで身につけると、第二の人生を幸せに送ることができるとも言われています。
失敗があっても、再度歩んでいこうと言う活力とパワーを与えてくれます
ブルーダイヤモンドを指輪として選べば、フォーマルな場でもプライベートの普段使いにも、その存在感でさりげないお洒落を演出してくれることでしょう。
またブルーダイヤは銀婚式や銀婚式に、パートナーにプレゼントする宝石としても選ばれることが多い宝石です。

ブルーダイヤモンドの中古相場価格など

ブルーダイヤモンドは、他のカラーダイヤモンドと比べても大変特別な存在であると言えます。
これまでに、歴史に名を刻むブルーダイヤモンドも多数発掘されてきました。
ブルーダイヤモンドは、生成される際ダイヤモンド内にホウ素が入り込むことによって出来るとされていますが、ダイヤモンドが結晶化する地中奥深くにはほとんどホウ素はないと言われています。
そんな条件下で、ホウ素を含んでブルーダイヤができるのはほぼ軌跡に近く、綺麗な色合いを持つブルーダイヤモンドは特別価値があるとされています。
そのため、ブルーダイヤモンドは他のカラーダイヤと比べても相場が高く、綺麗なものであれば1カラット200万円ほどの価格が付くこともあります。
中古品が市場にでた場合などは、すぐに高額で取引されるので、一般的にブルーダイヤモンドを見れるような機会はほとんどないと言えるでしょう。
これまでに取引されたブルーダイヤモンドで最も高額だったものは、1カラット2億円ほどの値がついているものもあります。
希少価値が高く、またその輝きは類まれなる美しさをもっているブルーダイヤモンドは、近年鉱山の発掘が進んでいるオーストラリアなどでも注目されています。

ホープダイヤモンドの歴史

ホープダイヤモンドは、呪いの石と呼ばれる世界最大のブルーダイヤモンドです。
大ヒット映画のタイタニックの劇中下においてもこのホープダイヤモンドを模様したものが登場しています。
これまでホープダイヤモンドを所有してきた所持者達は皆不運な死を遂げていることから、呪いの石と呼ばれるようになりました。
ルイ14世もホープダイヤモンドの所持者でしたが、ルイ14世がホープダイヤモンドを所有するようになった時からフランスが衰退していき、それがきっかけでフランス革命が起きました。
その後、息子のルイ15世は天然痘で死亡するという不幸な出来事が起こっています。
その後ホープダイヤモンドを受け継いだルイ16世と、妻のマリーアントワネットは、フランス革命で処刑されています。
その後のホープダイヤモンドの所持者達もみな不幸に襲われており、世界最大のブルーダイヤモンドは呪いの石として受け継がれてきました。
幾度も転売にかけられますが、その中でもアメリカの宝石商であるハリーウィンストンが所有したことは広く知られています。
様々な人の手に渡った後、1958年にスミソニアンの自然史博物館に寄贈されることとなり、現在でもホープダイヤモンドはそこで保管されています。

然ブルーダイヤモンドが採掘されるターコイズ鉱山

ブルーダイヤモンドターコイズ鉱山は、アメリカ、ネバダ州にあります。
1950年代後半にから採掘が始まり、1980年に閉山しています。
オースティンの南にあるこの鉱山では、大変硬く薄い色合いの青いターコイズから濃い色合いの青いターコイズを産出したことで知られています。
産出量は比重に少なかったものの、この鉱山のターコイズは、大きな塊で地層から発見されました。
これは、ターコイズとしては珍しく、鮮やかな発色を持つ青色に囲まれる曇った模様が特徴的でした。
黒い模様が必ず入っているブルーダイヤモンドターコイズは、ストーミーマウンテン ターコイズに類似する、青と黒が渦を巻くようにマトリックスが入っているのもまた特徴でした。
まるでブルーダイヤモンドの原石のような美しさから、ここで採れるターコイズをブルーダイヤモンドターコイズと呼ぶようになり、天然のブルーダイヤモンドがとれるターコイズ鉱山のようだと注目されました。
ここで採れるターコイズは、母岩が硬度にばらつきがあり、カットを入れるのには非常に高い技術を要します。
産出量が少なかったことから、帽子に入るほどしか採掘されないという意味で、ハットマインと呼ばれたこともあるターコイズです。

 

一覧へ戻る

ダイヤ買取の価格を御電話でお応え致します!