ダイヤモンド買取写メール無料査定
選ばれる理由
ジュエリーファンアプリ

ダイヤモンド買取カテゴリ一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

カラーダイヤモンド買取

宅配キットについて
お客様の声
知識ポータルサイト
  • メールでのお問い合わせ
  • 宅配キット申込み

相場情報

金4,668円(-26円)
プラチナ3,812円(+44円)
銀68.25円(+0.11円)
ダイヤモンド買取 ご相談・査定にかかる費用は全て無料 今なら査定額15%UP
国内・世界各国のマーケットで販売
他社と比較するとこんなに変わる査定額
ジュエリーファンはダイヤモンドの取り扱いに自信があります。
これまで数多くの査定・鑑定を行っておりダイヤモンドに対する知識や鑑定ノウハウは業界内でもトップクラスです。
全てのサービスが高水準
どのサービスでも業界トップクラスの水準!どこにも負けない査定額をご提案いたします。
経験豊富な鑑定士
全てのダイヤモンドアイテムに対応
お約束させていただきます。
選ばれる6つの理由
ダイヤモンド高額買取事例

1 ダイヤモンド 1.1ct リング 56万円 

560,000円

[1.1ct リング]

C社価格440,000円

D社価格520,000円

買取差額"最大"

120,000円

2 ダイヤモンド ネックレス 0.4ct 9万3千円

93,000円

[0.4ct]

C社価格78,000円

D社価格84,000円

買取差額"最大"

15,000円

3 ダイヤモンド ブレスレット 0,7ct 12万円

120,000円

[ブレスレット 0,7ct]

C社価格92,000円

D社価格108,000円

買取差額"最大"

28,000円

4 ダイヤモンド パヴェリング 2ct 8万円

80,000円

[ダイヤモンド パヴェリング 2ct]

C社価格57,000円

D社価格62,000円

買取差額"最大"

23,000円

5 ダイヤモンド ブローチ 23万円

230,000円

[ダイヤモンド ブローチ]

C社価格195,000円

D社価格212,000円

買取差額"最大"

35,000円

6 ハートシェイプ ダイヤモンド リング 0.7ct 28万円

280,000円

[ハートシェイプ ダイヤモンド リング 0.7ct]

C社価格240,000円

D社価格265,000円

買取差額"最大"

40,000円

7 ダイヤモンド ピアス 0.3ct 4万円

40,000円

[ダイヤモンド ピアス 0.3ct]

C社価格28,000円

D社価格36,000円

買取差額"最大"

12,000円

8 ダイヤモンド イヤリング 0.6ct 5万2千円

52,000円

[ダイヤモンド イヤリング 0.6ct]

C社価格41,000円

D社価格47,000円

買取差額"最大"

11,000円

9 ピンクダイヤモンド 0.4ct リング 12万円

120,000円

[ピンクダイヤ 0.4ct リング]

C社価格86,000円

D社価格110,000円

買取差額"最大"

34,000円

10 ダイヤモンド ラウンドブリリアントカット ルース 1,02ct 96万円

960,000円

[ダイヤモンド ラウンドブリリアントカット ルース 1,02ct]

C社価格760,000円

D社価格890,000円

買取差額"最大"

200,000円

  • ダイヤモンドネックレス
  • ダイヤモンドアクセサリー強化買取中
  • ダイヤモンドリング
  • ダイヤモンドブレスレット
  • ダイヤモンドピアス
  • ダイヤモンドブローチ

ダイヤモンドカラット別の相場買取価格表

GIAの資格を持つ鑑定士が適正に評価
TEL:0120-222-283
お問い合わせ
宅配保険が0円
ジュエリー以外にもブランド品の同時持ち込みで最低額UP!

選択できる3つの買取プラン

宅配買取

ご自宅にいながら、手間なくスムーズに買取することが可能になった宅配買取サービスです。全国各地、どのエリアからでも買取が可能で、送料、手数料、宅配キット代などの送料や査定料はすべて無料!他社の買取額では納得できなかった方はお気軽にご連絡ください。

店頭買取

この業界に精通し信頼されている鑑定士が、お客様を待たせることのないよう、一品5分ほどでのスピード査定を実施。また、早さだけではなく、一品一品丁寧に査定し、的確な買取価格を提示いたします。査定金額に納得された場合は、即現金でお支払いいたします。

出張買取

熟練された鑑定士がご自宅まで伺い、その場で査定・買取を行う出張買取サービスも行っております。時間がなかなか取れない方や、買い取ってほしい品物が多い方は、ぜひご利用ください。電話一本で出張いたします!その際の手数料や査定料は一切かかりません。

自宅でできる、宅配買取の手順

お申し込み

お問い合わせフォームから簡単に申し込むことができます。また、フリーダイヤルでのお申し込みの際は、当社スタッフが丁寧に説明いたします。お気軽にご連絡ください。

お品物の発送

受付が完了いたしますと、すぐに宅配キットをお送りします。お品物をひとつひとつ梱包し、所定のコンビニ、または運送会社にて当社までご発送ください。

査定

お客様から届いた大切なお品物を、信頼と実績のある鑑定士がスピーディーかつ、ひとつひとつ丁寧に査定していきます。

ご連絡

査定終了後は、買取金額などの査定結果をスタッフがご連絡いたします。買取価格にご納得された場合、直ちに指定された振込み先にご入金させていただきます。
こんな状態でも買取致します!

多少の汚れや傷み、破損箇所があっても買取可能です!まずはお気軽にご連絡ください。ただし、状態が悪いと買取金額に影響が出てきます。常にお手入れやメンテナンスを心がけることで、買取価格は大きく変わっていきます。

デザインが古い物

デザインが古い物

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

色がくすんでいる

色がくすんでいる

黒ズミ

黒ズミ

チェーンが切れている

チェーンが切れている

石が取れている

石が取れている

傷がついている

傷がついている

イニシャル入り

イニシャル入り

ペンダントヘッドのみ

ペンダントヘッドのみ

傷あり

傷あり

石のみ

石のみ

インゴットOK

インゴットOK

喜平ネックレス

喜平ネックレス

石がない

石がない

石が取れている

石が取れている

切れてしまっている

切れてしまっている

片方しかないピアス

片方しかないピアス

貴金属コイン

貴金属コイン

急須

急須

金歯

金歯

金杯

金杯

宅配キットを申し込む
一覧へ
001

使わなくなった品を処分して、ジュエリーボックスがスッキリしました。

20代の頃から好きで集めてきたジュエリーやアクセサリーですが、だいぶ量もたまっていて使わないものをどう処分するか困っていました。そんなときにネットで知ったのがジュエリーファン。なかなか決心が付かないでいたのですが、そこでの評判も良く、買取してもらうことに決めました。自分で購入したり、プレゼントしてもらった品の大体は値段を把握していたのですが、買取額はまた別物。中には思っていた以上の高値で引き取ってもらったものもありました。また、鑑定士の方もひとつひとつ丁寧に鑑定内容を説明してくださったので、納得して買取をしてもらうことができました。

詳細へ
002

鑑定士が訪問してくれたので助かりました。

妻の遺品を整理していたとき、事情もあってすべてを残しておくことができず、ジュエリーファンに買取の相談をしたのがきっかけでした。できれば大事に使ってくれる人の手に渡って欲しい。そんな思いがありましたが、電話口でのスタッフさんの親切な対応にも感動し、買取してもらうことを決めました。あいにく足を悪くしているので、お店に出向くことができなかったのですが、鑑定士の方が私の都合に合わせて訪問してくれたので、大変助かりました。妻の遺品を大事に扱ってもらったのも印象的でした。本当に感謝しております。

詳細へ

取扱カテゴリー一覧

取扱ブランド一覧

ダイヤモンド情報

宝石の中で最も硬く、世界中の人々を魅了してやまないダイヤモンド(Diamond)。鉱物学的には鉛筆の芯と同じ炭素の塊で、硬度は最高ですが、靭性はルビーやサファイア、翡翠よりも低くなっています。そのため衝撃が加わると一定の方向にスパッと割れる脆さがあります。
現在、市場に流通するダイヤモンドは、すべてカラー(色)、クラリティ(透明度)、カット、カラット(重さ)の頭文字をとった4Cと呼ばれる四つの評価基準で判定されています。それぞれの視点から綿密に等級分けをし、客観的な格付けがされています。その結果が鑑定書にも記載され、同時に価格が決定されるシステムになっています。評価はその鑑定書を元に、石の大きさ、色味、輝きの三点がポイントになってきます。
石の大きさはカラットを単位として、1カラットは0.2グラム。このカラットが高いと買取評価も高くなります。色に関しては、米国宝石学会が定めたカラーグレードを基準に等級を分類し、アルファベット順に最高ランクDからZまでのグレードがあります。輝きはクラリティーとカットに左右されることが多く、査定でも大きく変わってきます。カットの形態にはいくつかの種類があり、多いのは丸形にカットしたラウンドブリリアントカットで、最高の屈折率を誇るダイヤモンドに最も適しているといわれています。他にはハートシェイプやペアシェイプなど、可愛らしい形状で人気が高まっているカットもあり、それらは買取市場でも高く評価されています。また、無色透明のような一般のダイヤモンドとは違い、明らかにブルーやピンクなどの色が付いた非常に希少な「ファンシーカラーダイヤモンド」も存在しています。その中でもブルーダイヤモンドは天文学的な価格がつくほど高価なものもあります。

ダイヤモンドについてのご紹介

ダイヤモンドは、天然でもっとも硬い物質で日本語では金剛石とも呼ばれております。ダイアモンドはマントル起源の火成岩であるキンバーライトに含まれております。キンバーライトは、カンラン石と雲母を主要構成鉱物とする超塩基性の火成岩です。ダイアモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため電気を通さず、結晶構造は多くが8面体で、6面体や12面体のものものあり宝石や研磨材としても利用されております。宝石などには耐久性のあらわし方として靭性という割れや欠けなどに対する抵抗力がありますが、ダイヤモンドは鉱物としては靭性は大きくなく、金槌などで上から叩くと割れてしまいます。安定性があるとよく言われておりますが、これは薬品や光線などによる変化に対する強さのことを言います。硫酸や塩酸などに変化することがなく、日光などで変化することもありません。油になじみやすいという性質があり、この性質を利用してダイヤモンド原石とその他のものを分ける作業もあると言われております。一般的に無色透明のものよりも黄色みを帯びているものや褐色の場合が多く、無色透明であるほど価値が高いとされております。黄色や茶色などの色は価値が下がりますが、ブルーやピンク、グリーンなどの場合には希少であることから無色のものよりも高価に取引されております。品質を知るための指標として4Cという言葉が使われておりますが、これはアメリカ宝石学協会が考案したもので、色color、透明度clarity、重さcarat、研磨cutによって品質を評価しております。色はマスタートーンを基に判定され、最高はD、以下E、GとZまでの23段階となっております。透明度は、傷やインクルージョンの大きさや位置、数などによって判定されます。最高はFL(Flawless)で一番下が内包物が肉眼でも容易に発見できるI(Imperfection)となっており、全部で11段階です。重さは石の重量で1カラットは0.2グラムとなっております。カットは唯一人の手技術が評価される要素で、ラウンドブリリアントカットの場合にのみ、カットに対する評価がなされます。総合評価は、EXCELENT(EX)を最高に、以下VERY GOOD(VG)、GOOD(G)、FAIR(F)、POOR(P)までの5段階でなされております。宝飾用のダイヤモンドの代用品としては、ジルコニアやガラスが用いられているようです。

ダイヤモンドの価値を決める4つの「C」

女性だけでなく世界中の人々を魅了するダイヤモンド。地球上で最も硬い石と言われています。硬い石を丁寧に削り出し、職人が磨き上げていくことで初めてまばゆく輝き出すのです。ダイヤのカットの仕方は何通りもあります。それによって価値が決まってくるのです。代表的なものはオーソドックスな円形の「ラウンドブリリアントカット」です。58面体にカットして光の反射を最大限に活かすもので、よくエンゲージリングに使われています。
ダイヤモンドの価値を決めるのはそれだけではありません。宝石店に足を運んだ経験がある方はご存知のことでしょうが、「4C」という言葉があります。これはCut(研磨)、Clarity(透明度)、Carat(重量)、Color(色)の4つの「C」を指しています。
「Cut」は先述したように表面のカットの美しさのことです。最終的な研磨は機械ではなく人の手でしかできないものです。その技術の正確さを分かりやすくグレードで分けているのです。低い順からプアー、フェアー、グッド、ベリーグッド、エクセレント、最も優れたものがトリプルエクセレント、と6段階に評価が付けられています。グレードが高いものほど対称が正確に削られています。
次に透明度を表す「Clarity」は、一つの曇りもないものが美しいとされています。素人にはほとんど分からない僅かな差ですが、専門家が適正な高原の元で11段階に評価をつけています。石の内側も外側も傷がなく完璧な状態のものをFLクラスといいます。
馴染みのある「Carat」は簡単に言えば大きさのことです。1カラットは0.2gです。ラウンドカットのもので大体6.4mmほどのサイズです。カラット数が大きいほど高価であると思われがちですが、やはりそれだけで価値は決まらず総合評価となります。カットの傾斜等から、小さいものに比べて輝きが劣るケースもあるのです。
最後に「Color」ですが、これも一般人にはほとんど見分けがつきません。濁りが一切なく無色透明である程、価値が高くなります。大きく分けると5段階に、無色、ほぼ無色、僅かな黄色、非常に薄い黄色、薄い黄色、とレベルが下がるにつれて黄味を帯びていきます。その中でもさらに細かい格付けがされており、最も優れたものをDとし、アルファベット順に最後のZまで23段階に分かれています。
以上の4つの「C」一つ一つ最高のグレードをクリアしたものが最高級のダイヤモンドと言われています。

ダイヤモンドの歴史に触れてみませんか

古くから人々に愛されているダイヤモンド、その歴史はどのようなものなのでしょうか。
人類が発見した世界でもっとも硬い物質、それがダイヤです。
人類とダイヤの出会いはインド川から始まりました。
最初のダイヤは唯硬いだけの石としての価値しかなく、その辺の川にゴロゴロと転がっていたそうです。
ダイヤの原石という言葉の通り、ベルギーで初めて「ダイヤはダイヤで磨く」という手法が取られ、研磨技術が向上していくうちに、次第に宝石としての価値を見だしていったのです。
そして最終的には宝石の中でも高い価値を持つことになりました。
こうして生産されるダイヤモンドの流通に欠かせない土地がイスラエルでした。
この地に住むユダヤ人は流浪の民でもあり、持ち運びの便利な軽くて価値の高い宝石を大切にしていました。
彼らはダイヤの価値にいち早く気が付き、ダイヤの流通に大きな役割を果たしてくことになります。
彼らが作り上げたデビアス社がダイヤの流通の要になっています。
それから長い年月が過ぎ20世紀に入って、人間は人工ダイヤの製造に成功しました。
それまでもダイヤを模した模造ダイヤはありましたが、そうではなく組成からして本物のダイヤを製造することに成功しました。
現在では本物より安くしかも安定した品質のダイヤが製造されるようになり、工業用ダイヤのシェアは半分以上が人工ダイヤで占められているほどです。
このようにダイヤモンドには現在に至るまで長い歴史があります。
今でもお守りとして、ファッションとしてそして誓いの印としてもっとも愛されている宝石ですが、きっとその価値は何年先の未来も変わらないことでしょう。

婚約指輪と言えばダイヤモンド

世界で最も多くの人に知られている宝石が、トランプの柄にもなっているダイヤモンドです。
シンプルで落ち着いた、しかし存在感のある華やかな輝きは、ダイヤならではのものです。
日本語では金剛石と言われるこの宝石ですが、地球上で最も堅い鉱石でもあり、工業的にも使用されている程です。
何からも傷つけられない、そういった神秘的な宝石であるダイヤモンドが多く使われる製品と言えば、何と言っても婚約指輪です。
給料の三カ月分と一般に言うように、高価ではありますが、女性にとってダイヤも指輪を貰うという事は憧れそのものですから、一生の宝物となります。
長い月日が経ってもダイヤの美しさは変わり辛く、永遠を思わせるように輝き続けますので、永遠の愛を誓う結婚には、ぴったりの宝石です。
パワーストーンとしても、純潔と永遠の絆という意味を持っています。
色味はやや黄色がかった透明で、まれに他の色のついたものもあり、カラーダイヤと呼ばれています。
質の良いダイヤは年齢や服装を問わず、身につける人を上品にしてくれますから、長く身につける婚約指輪にはその点でも非常に合っているというわけです。
デザインとしてはシルバーの細いリングに、シンプルにダイヤが一つ付いているものが定番です。
しかし今はネットを経由しても店舗で直接にしても、比較的安価でオーダーメイド出来る所もあり、世界に一つしかない特別な婚約指輪を購入する方も多くいます。
一生に一度のものですから、指輪を重要に感じる女性が沢山いるのです。

ダイヤモンドについて

ジュエリーにダイヤモンドがあしらわれている商品の好かれるポイントには、やはり美しい輝きにあると言われています。
ダイヤモンドは、屈折率が高く内部での全反射が起こりやすいため、ブリリアントカットによってより美しい輝きを放ちます。
品質の指標として4Cで記載されています。
これは色のカラー、透明度のクラリティ、重さのカラット、研磨のカットからきています。
これらのグレードによって美しさもお値段も異なります。
無色透明で美しいカットのものは、結晶の純粋性や希少性があると言われているのです。
ダイヤモンドに多く用いられているブリリアントカットは、反射や屈折率などの光学的特性を数学的に考慮した結果、もっとも美しく輝く型だとされています。
ブリリアントカットは58面体になっているため、上部からの光が全て内部で反射して放たれるように設計されていると言われています。
シンチレーションとは、チカチカとした輝きを表し、ブリリアンシーは中央に集約された白くて強いきらめきを言います。
ディスパーションとは虹色の輝きのことを言い、屈折率の高さと分散率の高さから起こります。
これらの相乗効果によってより美しい輝きとなるようです。
黄色がかったものや褐色のものが多いため、無色透明のものは希少価値が高くなっているのです。
そのため、黄色や茶色っぽいものは価値が下がりますが、ブルーやピンク、グリーンなどの色は大変珍しいこともあり高価で価値が上がると言われています。

ダイヤモンドの好かれるポイント

宝石の中でも結婚指輪や、大切な方への贈り物として利用されているのがダイヤモンドです。
また、天然の中では世界一硬い物質とも言われており、その硬度によって傷などがつきにくく、いつまでも綺麗な輝きを放ってくれる宝石でもあります。
そして、そんなダイヤモンドの好かれるポイントとしては次のようなものがあります。
一つはその耐久性です。
上記のように硬い物質であるためにちょっとやそっとのことでは傷がつかないですし、割れてしまう事もないです。
大切に利用すれば何十年から何百年とその美しい輝くを保つのがそんなダイヤが好かれるポイントです。
二つめはその独特の輝きです。
ダイヤモンドはカットをすることによって、様々な角度から光が反射して、虹色のような美しい光を放ちます。
そして、そのようにキラキラと光り輝くため、宝石の中では一番と言っていいほど華やかなものとなっているのです。
そのため、ダイヤのネックレスやイヤリングを着用すれば、見た目も華やかになってきます。
また、そのように美しいので、現在では女性のファッションアイテムとして利用される事も多いです。
三つめはそれ自体に価値があるということです。
ダイヤは等級が付けられており、その等級によってそれ自体に価値が付けられています。
また、そのダイヤ自体の価値はそれほど大幅に下落することもないため、安定した資産として活用される事もあります。
以上のようなポイントがダイヤにはあるため、多くの方に好かれているのです。

ダイヤモンドの説明です

現代では、小学生の高学年から大人まで幅広い世代で誰もが知っている宝石があります。
それは、ダイヤモンドです。
ダイヤモンドとは、炭素の同素体の1つです。
キレイな石だと思ってください。
現段階での実験では、天然で最も硬い物質であるといわれています。
その結晶構造は6面体や12面体があり、基本的には、8面体が多いです。
宝石で使われている事が多いですが、意外と知られてないのは、研磨材としても使われているんです。
包丁を磨ぐときに使われます。
そして、この宝石は結晶内部に不対電子が存在しないため、電気を通しません。
色は、無色から黒色まで様々あります。
地球の内部は非常に高温高圧なところがあり、その環境で生成されています。
そのときに、定まった形は無く、尖っているわけでもありません。
宝飾品に加工された形から名前の由来が来ています。
産出量は、ロシアが一番多く次にボッワナ、コンゴ民主共和国、オーストラリア など、意外と有名な国が多いです。
数ある宝石の中で一番宝飾品で多いのもダイヤモンドです。
大きな物から小さなものまで様々あり、その中でネックレスと指輪が群を抜いて多いです。
宝石には屈折率というものがあり、この宝石は2.42と高く、内部で反射が起こりあい全反射することが多いです。
カット方法として、プリリアントカットという方法があり、光を当てると3種類の輝きが美しく映しだされます。
キラキラ眩しい光は、表面から反射された物です。
白く強い光は、内部に入った光が少ない回数で反射したもの。
虹色の輝きは、内部に入った光が多くの反射を繰り返したもの。
奥が深いです。

ダイヤモンドとは何なのか

ダイヤモンド(以下ダイヤ)とは、基本的に炭素の結晶体で、地中深くに埋もれていた石炭などの炭素が、地下のマグマの高温とマントルの動きによる高圧で炭素元素の配列が変化を起こした物質です。
性質としては、非常に硬い特性を持っており、それ故に地中を削岩する機械などの先端部にはダイヤが取り付けられています。
但し、瞬間的な力にはあまり強くなく、カットをする際には熟練の職人と言えども非常に緊張を要する作業と言われています。
また、炭素元素の結晶体でもあるので火には弱く、燃える性質を持っている事でも知られています。
ダイヤは、産出される地域が、ロシア・中国・インド・南アフリカ・オーストラリアなどと言った1部の国家・地域に偏っているのが特徴で、これはダイヤの誕生が、数億年前と言った古代の地球の動きに関係しているからなのです。
ダイヤは、原石として発掘された当初は特に輝きも持たず、形もいびつな状態ですが、研磨・カットを繰り返す事によってダイヤ特有の形と輝きを持つのです。
また、その輝きの美しさから古来より非常に価値の高い存在として知られ、中には数億円単位値が付く事もしばしばで、特に王侯貴族にとっては一種のステータスシンボルとして崇められています。
ダイヤの特徴の一つに「カラット」と呼ばれる特有の単位が有り、1カラットは約0,2gです。
ダイヤが最も人の人生の中で活躍をするのは、婚約や結婚式などと言った人生の重要なイベントにおいてです。
永遠の愛の証のシンボルとして多くのカップルに昔から愛されています。