ダイヤモンド買取写メール無料査定
選ばれる理由
ジュエリーファンアプリ

ダイヤモンド買取カテゴリ一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

カラーダイヤモンド買取

宅配キットについて
お客様の声
知識ポータルサイト
  • メールでのお問い合わせ
  • 宅配キット申込み

相場情報

金4,905円(-10円)
プラチナ3,787円(+5円)
銀69.55円(0.00円)
ただいま、強化買取中!
国内・世界各国のマーケットで販売
他社と比較するとこんなに変わる査定額
選ばれる6つの理由
エメラルド高額買取事例

1 エメラルド ダイヤモンド リング 12万円

120,000円

[エメラルド ダイヤモンド リング]

C社価格96,000円

D社価格110,000円

買取差額"最大"

24,000円

エメラルド バングル

70,000円

[エメラルド バングル]

C社価格55,000円

D社価格63,000円

買取差額"最大"

15,000円

3 エメラルド ダイヤモンド ネックレス 22万円

220,000円

[エメラルド ダイヤモンド ネックレス]

C社価格175,000円

D社価格190,000円

買取差額"最大"

45,000円

エメラルド ダイヤモンド ペンダント

46,000円

[エメラルド ダイヤモンド ペンダント]

C社価格35,000円

D社価格43,000円

買取差額"最大"

11,000円

5 エメラルド ピアス 2万3千円

23,000円

[エメラルド ピアス]

C社価格16,000円

D社価格21,000円

買取差額"最大"

7,000円

section-02-item6

310,000円

[エメラルド ダイヤモンド ブローチ]

C社価格240,000円

D社価格285,000円

買取差額"最大"

70,000円

7 エメラルド カフス 4万2千円

42,000円

[エメラルド カフス]

C社価格29,000円

D社価格37,000円

買取差額"最大"

13,000円

8 ハートシェイプ エメラルド ダイヤモンド リング 14万円

140,000円

[ハートシェイプ エメラルド ダイヤモンド リング]

C社価格100,000円

D社価格120,000円

買取差額"最大"

40,000円

emerald

100,000円

[ルース エメラルド]

C社価格80,000円

D社価格85,000円

買取差額"最大"

20,000円

10 エメラルド ダイヤモンド イヤリング 3万8千円

38,000円

[エメラルド ダイヤモンド イヤリング]

C社価格28,000円

D社価格34,000円

買取差額"最大"

10,000円

GIAの資格を持つ鑑定士が適正に評価
TEL:0120-222-283
お問い合わせ
宅配保険が0円
ジュエリー以外にもブランド品の同時持ち込みで最低額UP!

選択できる3つの買取プラン

宅配買取

来店するのが難しい方でも比較的簡単スムーズにエメラルドの買取を行える宅配買取サービスです。全国どこのエリアからでも買取OK!送料や手数料、宅配キット代などの送料も査定料も全部が無料!他店の査定金額では納得できなかった方は気軽にお問い合わせください。

店頭買取

業界内に深く通じ信頼と実績のある鑑定士が、お客様を待たせない一品5分程度でのスピード査定を行っております。また、速いだけでなく一品一品丁寧な査定を信条としておりますので、明確な買取価格をご提示させて頂いております。査定金額に満足頂けた場合には、勿論、即金でお支払いをお約束致します。

出張買取

熟練の技を持つ鑑定士がご自宅まで訪問し、その場で査定・買取をさせて頂く出張によるエメラルド買取サービスも行っております。多忙で時間が取れない方、買取希望の品物が多い方にはピッタリな買取サービスですのでご利用ください。手数料や査定料は一切かかりませんので、お気軽に電話一本くださいましたらご自宅まで出張させて頂きます!

自宅でできる、宅配買取の手順

お申し込み

お問い合わせフォームから簡単に申し込むことができます。また、フリーダイヤルでのお申し込みの際は、当社スタッフが丁寧に説明いたします。お気軽にご連絡ください。

お品物の発送

受付が完了いたしますと、すぐに宅配キットをお送りします。お品物をひとつひとつ梱包し、所定のコンビニ、または運送会社にて当社までご発送ください。

査定

お客様から届いた大切なお品物を、信頼と実績のある鑑定士がスピーディーかつ、ひとつひとつ丁寧に査定していきます。

ご連絡

査定終了後は、買取金額などの査定結果をスタッフがご連絡いたします。買取価格にご納得された場合、直ちに指定された振込み先にご入金させていただきます。
こんな状態でも買取致します!

多少の汚れや傷み、破損箇所があっても買取可能です!まずはお気軽にご連絡ください。ただし、状態が悪いと買取金額に影響が出てきます。常にお手入れやメンテナンスを心がけることで、買取価格は大きく変わっていきます。

デザインが古い物

デザインが古い物

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

色がくすんでいる

色がくすんでいる

黒ズミ

黒ズミ

チェーンが切れている

チェーンが切れている

石が取れている

石が取れている

傷がついている

傷がついている

イニシャル入り

イニシャル入り

ペンダントヘッドのみ

ペンダントヘッドのみ

傷あり

傷あり

石のみ

石のみ

インゴットOK

インゴットOK

喜平ネックレス

喜平ネックレス

石がない

石がない

石が取れている

石が取れている

切れてしまっている

切れてしまっている

片方しかないピアス

片方しかないピアス

貴金属コイン

貴金属コイン

急須

急須

金歯

金歯

金杯

金杯

宅配キットを申し込む
一覧へ
001

使わなくなった品を処分して、ジュエリーボックスがスッキリしました。

20代の頃から好きで集めてきたジュエリーやアクセサリーですが、だいぶ量もたまっていて使わないものをどう処分するか困っていました。そんなときにネットで知ったのがジュエリーファン。なかなか決心が付かないでいたのですが、そこでの評判も良く、買取してもらうことに決めました。自分で購入したり、プレゼントしてもらった品の大体は値段を把握していたのですが、買取額はまた別物。中には思っていた以上の高値で引き取ってもらったものもありました。また、鑑定士の方もひとつひとつ丁寧に鑑定内容を説明してくださったので、納得して買取をしてもらうことができました。

詳細へ
002

鑑定士が訪問してくれたので助かりました。

妻の遺品を整理していたとき、事情もあってすべてを残しておくことができず、ジュエリーファンに買取の相談をしたのがきっかけでした。できれば大事に使ってくれる人の手に渡って欲しい。そんな思いがありましたが、電話口でのスタッフさんの親切な対応にも感動し、買取してもらうことを決めました。あいにく足を悪くしているので、お店に出向くことができなかったのですが、鑑定士の方が私の都合に合わせて訪問してくれたので、大変助かりました。妻の遺品を大事に扱ってもらったのも印象的でした。本当に感謝しております。

詳細へ

ダイヤモンド買取カテゴリー一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

エメラルド情報

神秘的な美しさで数多くの伝説を生んできたエメラルド(Emerald)。その光沢のある美しい緑色は「エメラルドグリーン」と称され、見るものに強いインパクトを与えます。エメラルドの緑は、毎年巡り来る春の色で、自然の再生力を司り、視力を回復させると信じられています。アラビアでも解毒剤や体調を整える薬として使用されていました。
鉱物学的にはベリル(緑柱石)に属し、硬度は7.5~8と、ルビーやサファイアに次ぎますが、靭性は5~5.5と低いので衝撃に弱い部分があります。そのため、取り扱いには充分注意する必要があります。純粋なベリルは無色透明で、含有する微量元素によって色が異なります。酸化鉄を含むと青色のアクアマリン、黄色のゴールデンベリルやヘリオドールになり、マンガンが入るとピンクのモルガナイト(元はピンクベリル)になります。エメラルドの場合はベリルに酸化クロムやバナジウムなどの金属元素が入り込んだものになります。また、ごくまれにエメラルドの結晶に針状の内包物が入り込むと、キャッツアイ効果が生まれ、スターエメラルドやエメラルドキャッツアイとなることもあります。
エメラルドは色、内包物、輝き(テリ)が評価の基準になってきます。その中でも特に色を重視し、その基礎点に内包物の量や輝きの点数を加えて総合的に判断します。エメラルドは産出する国の場所によって色合いが異なってきます。現在、質。量ともに世界一を誇るのが南米コロンビアで、澄みきったキレイなグリーンをしています。買取市場でも、コロンビア産の最高級エメラルドは評価が高く、高価な買取を期待することができます。その他、ブラジル産やザンビア産にも一級品以上のものがたくさん存在しています。光沢があり、色味がはっきりしていて黒味が少ないものほど高値での取引がされています。

世界4大宝石の一つ、エメラルドの歴史

エメラルドは、ダイヤモンと並び世界4大宝石の1つとして非常に有名な石の1つです。
鉱物としてはアクアマリンと同じベリルグループに属し、クロムを発色原因とします。
この石は、内部に多くの傷を持つ事が特徴で、液体・気体・固体の3つの層があります。
硬度は非常に高い石ですが、割れやすく取り扱いには注意が必要です。
またその歴史は古く、既に紀元前2000年頃もしくは紀元前4000年頃には宝石として使われています。
古代のメソポタミアやエジプトの遺跡からも、この石の装飾品が発見されるなど、とても古い歴史を持っています。
ヘレニズムの時代では、とりわけエメラルドはギリシア人に最も好まれた宝石です。
またその後のローマ帝国でも最も人気の高い宝石として扱われ、ヴェスヴィア火山に埋まったボンベイの遺跡からもこの石は発掘されています。
ローマの皇帝ネロが、この石で出来た単眼鏡を愛用していたとも言われています。
またその他にもこの石の美しさは多くの人を魅了しています。
例えば、かの有名な絶世の美女クレオパトラ女王が身にまとい、鉱山まで所有するほど愛した石です。
多量のエメラルドを産出したクレオパトラ鉱山は国王や侵略者または探検家によりどんどん発掘され、既にとりつくされています。
また魔除け・広い視野・眼力・知恵・記憶力を司る石とされ古代ローマでは神像の目にも使われているほど、目と関わりを持った石とされています。
宝石言葉としては幸福という意味があり、現在でも色つきの宝石の中では根強い人気を持っています。

エメラルドが多く使われる製品と石が持つ意味

エメラルドは、日本では翠玉(すいぎょく)や緑玉(りょくぎょく)と言われていて、神秘的な緑色をした高級宝石の1つです。
エジプトでは紀元前2000年頃には発掘されており、あのクレオパトラも愛した宝石で、富や権力、美の象徴とされていました。
クレオパトラは当時、エメラルドと同じく、愛や美にに関係する意味を持つ石であるマラカイトの粉末を油で練ってアイシャドウとしても使っていたそうで、瞳を美しく見せるなど男性を魅了する力があると、古代からの言い伝えがあります。
しかし、実際には皮膚に触れるとかぶれ易い、目に入ると痛いなどの症状があるとされていて、実際にクレオパトラがアイシャドウとして使っていたかどうかは不明なのだそうです。
現在、エメラルドが多く使われる製品は、指輪やネックレス、ピアスやイヤリング、パワーストーンブレスレットなどです。
傷がつきやすい石なので、天然石で無傷の石はありません。
傷の全く無いものは人工石である可能性が高いです。
また、色は濃いければ濃い方が価値があるとされています。
他の宝石よりもかなりデリケートで、宝石職人は、その加工に大変気を使います。
天然石は水や衝撃に弱く、ほんの少しの刺激で割れてしまいます。
身につけたままで手を洗ったり、プールや海、お風呂に入る事などはとんでもありません。
できる限り刺激を避け、丁寧に扱う事が絶対条件です。
身に付けた後は、必ず乾いた柔らかい布でふき取ります。
そうする事で、いつまでも美しい色、ツヤを保つ事ができます。
特にパワーストーンとして身につける場合には、こまめなお手入れが重要です。

エメラルドのすかれているポイントとは

エメラルドの大きな魅力のひとつとしては、色々な宝石の中でも珍しい深い緑色にあります。
深い森の中のような緑色は、全ての疲れを癒し、心の疲労を回復させる効果を期待されてくれます。
そのため、その神秘的な宝石の輝きを見ているだけで非常に魅力的だと感じる人も増えています。
そのため、権力者から王侯貴族まで、全ての人々を魅了してきたのです。
エメラルドの好かれるポイントとして多いのが、その緑色に関してです。
若年層の人は比較的淡い色を好みますが、エメラルドの場合には通常よりも緑の深い色を好む傾向があり、そのため万人に好かれているものこそ人気が高い理由といわれています。
最良といえる部類のものとして、色の美しい緑を好む人は多いのです。
そのため、魅力的なものを手に入れておきたいと、多数の人が深い緑を求めています。
また、本物は傷やないほう物があるほうが普通とされており、全く傷のないものは存在しないといわれているくらい、魅力的な宝石とされています。
アイテムによってその色の種類は多種多様なものがありますが、美しく魅力的なものを選びたいときには、その宝石の傷があるかどうかをも確認しておくべきです。
基本的に傷のつきやすさからカットされている形に独特の部分があります。
四角い形をしているものは確実に宝石として本物である可能性が高いのです。
様々な宝石の中でも新緑があるからこそ多数の人に愛されているものとして人気が高いのです。

緑色が特徴的なエメラルド

エメラルドとは、コロンビア、ザンビア、ジンバブエ、マダガスカル、パキスタンなどから原石が産出されるベリルという鉱物の一種で、強い緑を帯びた宝石です。
最大の産出国は南米のコロンビアです。
エメラルドの歴史は古く、世界四大宝石にも数えられています。
ギリシア時代アリストテレスの弟子であるテオフラストスの「石について」に登場しており、エジプトの紅海に近い砂漠で発見されたと言われています。
こうした古い歴史がありますが、量的に出回るようになったのは、アメリカ大陸発見後に、新大陸で石が発見されてからとなります。
現在では、5月の誕生石とされ、幸福、幸運、希望、安定などの石言葉を持っています。
アクアマリンと組成が同じですが、クロムやバナジウムがドーパントして混入しています。
当然ながら、大きく傷がないものが価値が高く、明るく濃い緑色のものが最上級だとされています。
しかし、天然には良質のものがほとんど産出されないため、かなり傷物も宝石として流通させることが一般的となっており、その場合オイルや樹脂に浸すなどの化学的処理をして傷を隠したり、耐久性を高めたりしています。
中には黄緑色をした石も産出されますが、エメラルドとしては扱われていません。
こうした黄緑色の石は、加熱処理によりアクアマリンへと変色させるができます。
不純物の含み方によっては、稀にキャッツアイ効果の現れる石や、スター効果の現れる石などが産出されることもあります。