ダイヤモンド買取写メール無料査定
選ばれる理由
ジュエリーファンアプリ

ダイヤモンド買取カテゴリ一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

カラーダイヤモンド買取

宅配キットについて
お客様の声
知識ポータルサイト
  • メールでのお問い合わせ
  • 宅配キット申込み

相場情報

金4,894円(+7円)
プラチナ3,703円(0円)
銀66.85円(+0.22円)
ただいま、強化買取中!
国内・世界各国のマーケットで販売
他社と比較するとこんなに変わる査定額
選ばれる6つの理由
翡翠高額買取事例

1 翡翠 ダイヤモンド リング 35万円

350,000円

[翡翠 ダイヤモンド リング]

C社価格280,000円

D社価格320,000円

買取差額"最大"

70,000円

2 翡翠 ブローチ 22万円

220,000円

[翡翠 ブローチ]

C社価格175,000円

D社価格190,000円

買取差額"最大"

45,000円

3 翡翠 ペンダント 16万円

160,000円

[翡翠 ペンダント]

C社価格135,000円

D社価格150,000円

買取差額"最大"

25,000円

4 ラベンダーヒスイ ピアス 9万円

90,000円

[ラベンダーヒスイ ピアス]

C社価格72,000円

D社価格83,000円

買取差額"最大"

18,000円

5 翡翠 ダイヤモンド ネックレス 21万円

210,000円

[翡翠 ダイヤモンド ネックレス]

C社価格165,000円

D社価格190,000円

買取差額"最大"

45,000円

6 翡翠 ダイヤモンド イヤリング 42万円

420,000円

[翡翠 ダイヤモンド イヤリング]

C社価格348,000円

D社価格390,000円

買取差額"最大"

72,000円

7 白翡翠 ダイヤモンド リング  4万2千円

42,000円

[白翡翠 ダイヤモンド リング]

C社価格29,000円

D社価格35,000円

買取差額"最大"

13,000円

section-02-item8

140,000円

[翡翠 ダイヤモンド パール 帯留め]

C社価格110,000円

D社価格128,000円

買取差額"最大"

30,000円

9 ラベンダー翡翠 ペンダント 12万円

120,000円

[ラベンダー翡翠 ペンダント]

C社価格96,000円

D社価格108,000円

買取差額"最大"

24,000円

翡翠 ダイヤモンド タイピン

24,000円

[翡翠 ダイヤモンド タイピン]

C社価格15,000円

D社価格21,000円

買取差額"最大"

9,000円

GIAの資格を持つ鑑定士が適正に評価
TEL:0120-222-283
お問い合わせ
宅配保険が0円
ジュエリー以外にもブランド品の同時持ち込みで最低額UP!

選択できる3つの買取プラン

宅配買取

ご自宅からでも買取を手早く出来てしまう宅配による翡翠買取サービスも行っております。どちらに住んでる方でも翡翠買取が可能となっておりますし、査定料など気になる費用は全部無料です!他店でダメだった物でも弊社では誠心誠意を持って査定させて頂きますので、まずはスタッフまでお問い合わせください。

店頭買取

業界でも評価が高い信頼出来る鑑定士が、お客様の満足と笑顔を得る為、スピーディー且つ精巧な査定を実施しております。また、丁寧な査定と明確なご説明などをさせて頂いた上で、的確な査定金額をご提示いたします。当然、契約成立となった後は、即金でお客様へと買取金額をお支払い致します。

出張買取

ジュエリーファンの誇りとも言える熟練鑑定士がご自宅へとご訪問した上で査定や買取を行う出張翡翠買取サービスも行っております。仕事で時間が取りにくい方も、品物が多過ぎて困っている方もぜひご利用ください。査定に掛かる費用は全て無料で行わせて頂いておりますので、お電話でお気軽にご連絡ください。

自宅でできる、宅配買取の手順

お申し込み

お問い合わせフォームから簡単に申し込むことができます。また、フリーダイヤルでのお申し込みの際は、当社スタッフが丁寧に説明いたします。お気軽にご連絡ください。

お品物の発送

受付が完了いたしますと、すぐに宅配キットをお送りします。お品物をひとつひとつ梱包し、所定のコンビニ、または運送会社にて当社までご発送ください。

査定

お客様から届いた大切なお品物を、信頼と実績のある鑑定士がスピーディーかつ、ひとつひとつ丁寧に査定していきます。

ご連絡

査定終了後は、買取金額などの査定結果をスタッフがご連絡いたします。買取価格にご納得された場合、直ちに指定された振込み先にご入金させていただきます。
こんな状態でも買取致します!

多少の汚れや傷み、破損箇所があっても買取可能です!まずはお気軽にご連絡ください。ただし、状態が悪いと買取金額に影響が出てきます。常にお手入れやメンテナンスを心がけることで、買取価格は大きく変わっていきます。

デザインが古い物

デザインが古い物

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

色がくすんでいる

色がくすんでいる

黒ズミ

黒ズミ

チェーンが切れている

チェーンが切れている

石が取れている

石が取れている

傷がついている

傷がついている

イニシャル入り

イニシャル入り

ペンダントヘッドのみ

ペンダントヘッドのみ

傷あり

傷あり

石のみ

石のみ

インゴットOK

インゴットOK

喜平ネックレス

喜平ネックレス

石がない

石がない

石が取れている

石が取れている

切れてしまっている

切れてしまっている

片方しかないピアス

片方しかないピアス

貴金属コイン

貴金属コイン

急須

急須

金歯

金歯

金杯

金杯

宅配キットを申し込む
一覧へ
001

使わなくなった品を処分して、ジュエリーボックスがスッキリしました。

20代の頃から好きで集めてきたジュエリーやアクセサリーですが、だいぶ量もたまっていて使わないものをどう処分するか困っていました。そんなときにネットで知ったのがジュエリーファン。なかなか決心が付かないでいたのですが、そこでの評判も良く、買取してもらうことに決めました。自分で購入したり、プレゼントしてもらった品の大体は値段を把握していたのですが、買取額はまた別物。中には思っていた以上の高値で引き取ってもらったものもありました。また、鑑定士の方もひとつひとつ丁寧に鑑定内容を説明してくださったので、納得して買取をしてもらうことができました。

詳細へ
002

鑑定士が訪問してくれたので助かりました。

妻の遺品を整理していたとき、事情もあってすべてを残しておくことができず、ジュエリーファンに買取の相談をしたのがきっかけでした。できれば大事に使ってくれる人の手に渡って欲しい。そんな思いがありましたが、電話口でのスタッフさんの親切な対応にも感動し、買取してもらうことを決めました。あいにく足を悪くしているので、お店に出向くことができなかったのですが、鑑定士の方が私の都合に合わせて訪問してくれたので、大変助かりました。妻の遺品を大事に扱ってもらったのも印象的でした。本当に感謝しております。

詳細へ

ダイヤモンド買取カテゴリー一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

翡翠情報

一般に翡翠(Jade)と呼ばれる宝石は、鉱物学的に科学組成の違いから硬玉と軟玉のふたつに分かれ、両方とも別の鉱物として区別されています。硬度は硬玉が7、軟玉が6.5と、ジュエリーの中では高くありません。しかし、強さを示す靭性では、ともにルビーやサファイアと同じレベルで最も割れにくい石なのが特徴です。石の内部で繊維状の微細な結晶が複雑に絡み合っているためで、それはダイヤモンドよりも割れにくく、加工しにくい石なのです。
翡翠は緑色のイメージがありますが、意外にも色合いが豊かな宝石で、緑色以外にも、ラベンダー、赤、白、黄、オレンジ、黒などたくさんのカラーバリエーションがあります。その中でもラベンダー翡翠は、その優しい色合いで人気が高く、ジュエリー買取市場では常に高値で取引されています。
硬玉と軟玉の二種類で、現在宝石としての評価が高いのが硬玉です。軟玉は産出量が多く、中国以外ではあまり評価されていません。価格も安いのが一般的です。中国で比較的安値で販売されている翡翠の大半は軟玉といえます。見た目では区別しにくく、鉱物学的にもまったく別の鉱石なのに、硬玉、軟玉ともに翡翠と呼ばれているので注意してください。
翡翠の評価で最も重要視されているのは色です。やはり緑色が一番需要があり、高い評価を受けています。その中でも半透明で濃いエメラルドグリーンのものを琅玕(ろうかん)と呼び、最高級のものとして買取市場でも特に高い取引が期待できます。また、色とともに透明度も重要な評価になります。良質な翡翠ほど透明度も高くなります。簡単に調べる方法として、ペンライトを翡翠の横から当て、その光の浸透具合でチェックすることができます。透明度が高い石ほど光が浸透しやすく、高値での買取が期待できます。

翡翠のポイントと効果

翡翠は西洋・東洋を問わず、古代よりパワーストーンとされ、強力な魔除けやお守りとして使われていました。
その理由はまず硬さです。
硬度的にはダイヤモンドには及ぶものではありませんが、粒子が互いに手をつないでいるような結晶構造となっているため非常に割れにくい石であるということがいえます。
そのため、有史時代以前より、武器として、また石器として使われてきました。
文明が生まれてくると翡翠はヒーリングに用いられるようになり、王室や貴族の間でステイタスとなりました。
不老長寿の石などとも言われ、そこが翡翠の好かれるポイントともなったといえるでしょう。
身分の高い人を埋葬するときに遺体の開口部に置くと死者の遺体を腐敗させずに再生をもたらすと信じられてきたとも言われています。
また、石としてみた場合色彩が非常に豊かであり、色別にいろいろなパワーを持つ石で願いが叶う、などとも言われています。
現代においても交通安全のお守りとしてもこの石の好かれるポイントと言えるでしょう。
国内での産出地は新潟県で、縄文時代の遺跡からも勾玉が発見されています。
全体的に持ち主の思いを吸収してそれを増殖する力が強いと考えられているため、願いが叶いやすいといわれています。
ただし、中古のものを入手した場合は前の持ち主の思いを持ち続けているので浄化が必要であるとされているので注意が必要です。
水で洗うか、しばらく土の中に埋めていくのが浄化の方法だそうです。

翡翠(ヒスイ)とはどの様な物なのか

翡翠(以下ヒスイ)とは、深い緑色をした宝石の一種です。
古代の中国では玉(ギョク)として珍重され、中国の歴史や文化を鮮やかに彩って来たのです。
また、「完璧」と呼ばれる言葉も古代の中国の故事から来たもので、それだけ当時の人々にとって大変に価値のある物だったのです。
ヒスイの種類としては、硬玉(こうぎょく)と軟玉(なんぎょく)の2種類に大別され、現在のヒスイと言えば硬玉が主流となっています。
日本にもヒスイの産地が有り、有名な所では新潟県糸魚川市一帯がヒスイの産地として知られています。
大地溝帯の地としても知られている糸魚川市を流れる姫川上流部にはヒスイの大鉱床地帯の存在が確認されており、現在では国の天然記念物として指定を受けており、許可なく無断で採取をする事は禁じられています。
日本神話を多く物語る日本最古の歴史書「古事記」にも、この辺り一帯を治めていた女神がヒスイの女神であったと言う記述が残されており、これを手掛かりに昭和初期まで日本ではヒスイが産出されないと言われていた考古学・地質学上の定説を覆す事になったのです。
また、海外のヒスイの産地としてはミャンマーのカチン高原が知られており、現在のヒスイの多くがこの地域で産出された物なのです。
日本でヒスイを採取する事が全く不可能と言う訳では無く、糸魚川市周辺部の海岸では、ごく稀にヒスイの原石が大雨や台風などで運ばれて来る事もあります。
また、それを目当てにヒスイ採取を行う人も多く居ます。
しかし、広大な海岸の波打ち際を探し回るのは大変な根気が必要な為、それなりの知識と経験が必要になってきます。

古来から愛された翡翠

翡翠は、ミャンマーやロシア、アメリカ、カリフォルニア州、そして日本では新潟県や富山県などの限られた地域で産出され、ジェダイトとも呼ばれる宝石です。
この宝石の歴史は7000年前から始まりました。
ネイティブアメリカンは『聖なる護符』という彫刻を施し、スペイン人はお守り代わりとして大切に身に着けるなど、古くから世界中の人々に『魔法の石』として崇められていました。
また、この名は中国から伝わってきたもので、百万色もの豊富な色を放つ原石が、『美しい翡翠(カワセミ)』を彷彿とさせることからこの名が付いたと考えられています。
そして、意外なことに、この美しい宝石の歴史は日本が最も古いとされています。
縄文・弥生時代から古墳時代にかけて、祭祀・呪術品、装身具や勾玉などに多く使用されており、いわゆる『翡翠文明』と呼ばれる時代が訪れていました。
実際に、青森県の三内丸山遺跡や佐賀県の吉野ヶ里遺跡などから当時の品々が出土品として発見されています。
当時の人々は、「幸運な出来事は神秘的なパワーが自分に付着して起こる」と考えていたため、この宝石に『神秘的能力』というパワーを託し、大切に身に着けられていました。
しかし、奈良時代に入る直前にこの文明は終わりを告げ、ぱたりと見なくなってしまいました。
そして、この事実が忘れらてしまった比較的最近の日本に忽然と再び現れ、人々を魅了しているこの宝石は、「最高の守護石」としてわたしたちを守ってくれているのです。

翡翠が多く使われる製品について

翡翠は東洋や中南米で古くから愛されている深緑色の宝石です。
国内でも古墳などの遺跡から勾玉として発見されるケースが多く、現在でも人気があります。
化学組成によって、ネフライトやヒスイ輝石に分類されます。
宝石として使われるのは50%以上のヒスイ輝石が配合されているヒスイ輝石岩です。
石の特徴としては、硬度は低いですが、内部では繊維状に細かく小さな結晶が複雑に絡み合うことで高い靭性を持っています。
また、一般的に深緑のイメージが強いですが、ピンクや薄紫や白や黄など様々な色の石が存在しています。
加工法には様々な方法があり、人為的に表面の光沢を改良するエンハンスメント、天然の状態で起こらないような処理を行なうトリートメントがあります。
トリートメントを行った場合には鑑定書に記載されるのが一般的です。
翡翠が多く使われる製品は古代では勾玉でしたが、近年ではボタンや天然石ブレスレットなどがあります。
魔除けとして身につけるケースが多く、アクセサリーショップなどでは宝石を使った数珠やペンダントなどを見ることが出来ます。
骨董品には、翡翠を使った硯や筆筒などがあり、高値で売買されることがあります。
カットの仕方によって様々な模様や色合いを引き出すことが出来ます。
ヒスイの色と光沢を活かした色々な製品を作ることが可能です。
ヒスイの色はクロムやチタンなどが原因で変わってきます。
ラベンダー色のヒスイは、チタンが配合されることで生まれてきます。