ダイヤモンド買取写メール無料査定
選ばれる理由
ジュエリーファンアプリ

ダイヤモンド買取カテゴリ一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

カラーダイヤモンド買取

宅配キットについて
お客様の声
知識ポータルサイト
  • メールでのお問い合わせ
  • 宅配キット申込み

相場情報

金4,894円(+7円)
プラチナ3,703円(0円)
銀66.85円(+0.22円)
ただいま、強化買取中!
国内・世界各国のマーケットで販売
他社と比較するとこんなに変わる査定額
選ばれる6つの理由
ルイヴィトン高額買取事例

①ルイヴィトン ハート ダイヤモンドチャーム 15万円

150,000円

[ルイヴィトン ハート ダイヤモンドチャーム]

C社価格113,000円

D社価格120,000円

買取差額"最大"

37,000円

②ルイヴィトン ダイヤモンド ネックレス 30万円 (2)

300,000円

[ルイヴィトン ダイヤモンド ネックレス]

C社価格245,000円

D社価格250,000円

買取差額"最大"

55,000円

③ルイヴィトン ブラスレ チェーン ブレスレット 30万円 (1)

300,000円

[ルイヴィトン ブラスレ チェーン ブレスレット]

C社価格241,000円

D社価格250,000円

買取差額"最大"

59,000円

④ルイヴィトン バーグチェーン アトラクション ダイヤモンド リング 18万円

180,000円

[ルイヴィトン バーグチェーン アトラクション ダイヤモンド リング]

C社価格144,000円

D社価格150,000円

買取差額"最大"

36,000円

⑤ルイヴィトン パンダンティフ アルダント フルールサーンプル ネックレス 16万円

160,000円

[ルイヴィトン パンダンティフ アルダント フルールサーンプル ネックレス]

C社価格123,000円

D社価格130,000円

買取差額"最大"

37,000円

⑥ルイヴィトン ブラレス  ブレスレット 20万円

200,000円

[ルイヴィトン ブラレス ブレスレット]

C社価格174,000円

D社価格181,000円

買取差額"最大"

26,000円

⑦ルイ・ヴィトン チャーム ロックイット 10万円

100,000円

[ルイヴィトン チャーム ロックイット]

C社価格72,000円

D社価格78,000円

買取差額"最大"

28,000円

⑧ルイヴィトン リング グランドバーグアンプラント 7万円

70,000円

[ルイヴィトン リング グランドバーグアンプラン]

C社価格53,000円

D社価格60,000円

買取差額"最大"

17,000円

⑨ルイヴィトン バングル ブレスレット 3万円

30,000円

[ルイヴィトン バングル ブレスレット]

C社価格15,000円

D社価格19,000円

買取差額"最大"

15,000円

⑩ルイヴィトン チャーム ペンダントトップ パンダンティフ カデナ ダイヤモンド 60万円

600,000円

[ルイヴィトン チャーム ペンダントトップ パンダンティフ カデナ ダイヤモンド]

C社価格500,000円

D社価格520,000円

買取差額"最大"

100,000円

GIAの資格を持つ鑑定士が適正に評価
TEL:0120-222-283
お問い合わせ
宅配保険が0円
ジュエリー以外にもブランド品の同時持ち込みで最低額UP!

選択できる3つの買取プラン

宅配買取

ご自宅にいながら、手間なくスムーズに買取することが可能になった宅配買取サービスです。全国各地、どのエリアからでも買取が可能で、送料、手数料、宅配キット代などの送料や査定料はすべて無料!他社の買取額では納得できなかった方はお気軽にご連絡ください。

店頭買取

この業界に精通し信頼されている鑑定士が、お客様を待たせることのないよう、一品5分ほどでのスピード査定を実施。また、早さだけではなく、一品一品丁寧に査定し、的確な買取価格を提示いたします。査定金額に納得された場合は、即現金でお支払いいたします。

出張買取

熟練された鑑定士がご自宅まで伺い、その場で査定・買取を行う出張買取サービスも行っております。時間がなかなか取れない方や、買い取ってほしい品物が多い方は、ぜひご利用ください。電話一本で出張いたします!その際の手数料や査定料は一切かかりません。

自宅でできる、宅配買取の手順

お申し込み

お問い合わせフォームから簡単に申し込むことができます。また、フリーダイヤルでのお申し込みの際は、当社スタッフが丁寧に説明いたします。お気軽にご連絡ください。

お品物の発送

受付が完了いたしますと、すぐに宅配キットをお送りします。お品物をひとつひとつ梱包し、所定のコンビニ、または運送会社にて当社までご発送ください。

査定

お客様から届いた大切なお品物を、信頼と実績のある鑑定士がスピーディーかつ、ひとつひとつ丁寧に査定していきます。

ご連絡

査定終了後は、買取金額などの査定結果をスタッフがご連絡いたします。買取価格にご納得された場合、直ちに指定された振込み先にご入金させていただきます。
こんな状態でも買取致します!

多少の汚れや傷み、破損箇所があっても買取可能です!まずはお気軽にご連絡ください。ただし、状態が悪いと買取金額に影響が出てきます。常にお手入れやメンテナンスを心がけることで、買取価格は大きく変わっていきます。

デザインが古い物

デザインが古い物

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

色がくすんでいる

色がくすんでいる

黒ズミ

黒ズミ

チェーンが切れている

チェーンが切れている

石が取れている

石が取れている

傷がついている

傷がついている

イニシャル入り

イニシャル入り

ペンダントヘッドのみ

ペンダントヘッドのみ

傷あり

傷あり

石のみ

石のみ

インゴットOK

インゴットOK

喜平ネックレス

喜平ネックレス

石がない

石がない

石が取れている

石が取れている

切れてしまっている

切れてしまっている

片方しかないピアス

片方しかないピアス

貴金属コイン

貴金属コイン

急須

急須

金歯

金歯

金杯

金杯

宅配キットを申し込む
一覧へ
001

使わなくなった品を処分して、ジュエリーボックスがスッキリしました。

20代の頃から好きで集めてきたジュエリーやアクセサリーですが、だいぶ量もたまっていて使わないものをどう処分するか困っていました。そんなときにネットで知ったのがジュエリーファン。なかなか決心が付かないでいたのですが、そこでの評判も良く、買取してもらうことに決めました。自分で購入したり、プレゼントしてもらった品の大体は値段を把握していたのですが、買取額はまた別物。中には思っていた以上の高値で引き取ってもらったものもありました。また、鑑定士の方もひとつひとつ丁寧に鑑定内容を説明してくださったので、納得して買取をしてもらうことができました。

詳細へ
002

鑑定士が訪問してくれたので助かりました。

妻の遺品を整理していたとき、事情もあってすべてを残しておくことができず、ジュエリーファンに買取の相談をしたのがきっかけでした。できれば大事に使ってくれる人の手に渡って欲しい。そんな思いがありましたが、電話口でのスタッフさんの親切な対応にも感動し、買取してもらうことを決めました。あいにく足を悪くしているので、お店に出向くことができなかったのですが、鑑定士の方が私の都合に合わせて訪問してくれたので、大変助かりました。妻の遺品を大事に扱ってもらったのも印象的でした。本当に感謝しております。

詳細へ

ダイヤモンド買取カテゴリー一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

ルイヴィトンブランド説明

世界初の旅行カバン専門店として創業されたルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。その歴史は当時まだ14歳だった創業者のルイ・ヴィトンが家出をして、パリまでひとり旅立つことから始まったといわれています。徒歩でパリを目指しながら様々な仕事に就いたルイは、そのなかで荷造り用木箱製造職人として働く経験をしました。そうした技術が源となり、彼が30歳を過ぎた1854年に憧れの地パリのヌーブ・デ・キャプシーヌ通り4番地に会社を設立し、自身が手がけたトランクを発表することになります。この旅行トランク「グリ・トリアノン・キャンバス」は世界中で瞬く間に話題となり、ついには生産が追いつかなくなってしまう自体になりました。1860年代にはパリ郊外のアニエールに工場を拡大移転し、ブランドの成功を確かなものにしていくのです。また、ブランド名を商品の表面に刻印する「ダミエ キャンバス」も、ルイ・ヴィトンを象徴する手法のひとつとなっています。以降、世界でも有数のラグジュアリーブランドとして様々な展開をしていくことになりますが、2001年に初のジュエリーライン「チャーム ブレスレット」を発表してからは、各国のセレブリティを魅了していくことになります。重量感あふれるホワイトゴールドのプラットフォームにダイヤとロゴが散りばめられた「バーグアンプラント」はリングの定番として人気を集め、封筒の形をしたチャームネックレス「チャーム エンヴェロップ」はその可愛らしさと特別な雰囲気を醸し出しています。そのほかにも「アリアンスアンプラント」「パンダンティフ アルダント」「アンプリーズ」など、素晴らしいコレクションが揃うルイ・ヴィトンは、買取市場においても根強い人気を誇っており、高価買取が確実なブランドとなっています。

高級ブランドだからこそ素人でも安全なルイ・ヴィトン

世の中には様々なブランド商品があり、日本人は世界でも特にブランド物が好きな国民として世界に知られています。
事実、海外へブランド商品を買いに出かける旅行者は後を絶ちません。
ブランド商品を扱うショップは都市部にしかありませんが、最近ではネットの普及により地方に住んでいても通販でブランド商品を購入することも容易になりました。
しかし、誰でも気軽にブランド商品を購入できるようになったことで新たな問題も起きています。
それはブランド商品には付き物となっている偽物の存在です。
高価なブランド商品を偽って販売される偽物ブランド商品は利益も大きく、次から次へと生産されているのが現状です。
ネットでのブランド商品の販売が盛んになることでそういった偽物ブランド商品の流通も盛んになってしまい、実際に現物を見てから買うのではない為に通販で偽物ブランド商品を掴まされる人が後を絶たないのです。
では、実際に現物を見てから購入すればそういった危険性がないのかというとそういうわけではありません。
偽物ブランド商品を生産している業者も次々に改良を加えており、素人では一見しただけでは判別がつかない商品も少なくないのです。
しかし、そんな中でも素人が偽物を掴まされにくいブランドがあります。
それは世界でも一流ブランドとして有名なルイ・ヴィトンです。
バッグや財布など様々な商品を販売している高級ブランドとして有名なルイ・ヴィトンは日本でも愛好家が数多くいるブランドの一つです。
中古ブランドショップでも人気があるブランドでもあり、ネットでも多くの商品が出回っています。
それだけ人気があるブランドであれば偽物も数多く出回っていると思われるかもしれませんが、高級ブランドであるからこそ偽物と判別しやすくもなっているのです。
偽物ブランド商品は利益を出すために安価なコストで生産していることが多いのですが、ルイ・ヴィトンのような高級ブランド商品をコピーするにはかなりの生産コストをかけなければならないので割に合わないのです。
何とか利益を出そうと作られた偽物は粗悪な出来となってしまい、素人がチェックしても判別が可能な商品が多いのです。
安い価格で何とかブランド商品を手に入れようと考えている人はたくさんいますが、それにはそれなりの知識と経験が必要となります。
本物を手に入れたいと考えるならば、数多くあるブランドの中でも偽物が少ない高級ブランドであるルイ・ヴィトンを選ぶのが安全といえるでしょう。

世界中で愛されているルイ・ヴィトンについて

ルイ・ヴィトンは世界中で愛用されているブランドです。日本でも知らない人がいないのではという程に広く知られています。なかでもアルファベットのLとVから成っているモノグラムラインは特に有名です。ちなみにモノグラムラインは日本の家紋からインスピレーションされたということも有名です。他にもダミエやマルチカラー、エピ、タイガなどの人気ラインがあります。それぞれのラインが老若男女問わず広い層に人気があります。ルイ・ヴィトンは1854年にフランスで生まれました。スーツケースの職人であったルイ・ヴィトン氏が旅行鞄専門店としてオープンしたのがブランドの始まりです。このブランドが大きく飛躍するきっかけは1867年に訪れます。万国博覧会で銅メダルを獲得するのです。これを機に世界から注目されるようになります。各国の皇太子や有名人などからの注文が入るようになるのです。その後、ロンドンに進出するなど順調に発展してゆきます。なかでも1970年代以降に急速な成長を見せます。日本をはじめ多くの国に進出してゆきます。更にクリスチャンディオールやフェンディといったハイブランドをグループ傘下にします。世界でも屈指の高級ブランドグループへとなるのです。また、マークジェイコブスのデザイナー採用や村上隆などの日本人アーティストとのコラボなど新しいことへの挑戦も忘れていません。常に新しい驚きとクオリティーの高い製品を提供し続けています。そのような姿勢が今も尚、王者として君臨している理由のひとつと言えるかもしれません。現在ではバックだけに留まらず靴やアパレル、ジュエリー、時計、ステーショナリーなど幅広いアイテムを手掛けています。また2014年秋・冬コレクションから新しいデザイナーが指揮を執ることになり新しいコレクションに注目が集まっています。しかしこのような発展の裏では偽物の大量流通という問題もあがっています。日本では中国製の模倣品が今も尚多く販売されています。露店での販売も多く行われていますが、最近はネット通販を利用した悪質な販売行為が目立って増えています。模倣品防止のためにブランドとしても様々な策を打ってきましたが、抜本的な打開策には至っていません。また一般ユーザーが見分けることのできないような精度の高い模倣品も増えています。模倣品への対策は今後の大きな課題のひとつであることは間違いありません。これは購入する側の意識の改善も必要な問題となっています。

ルイ・ヴィトンの歴史

ルイ・ヴィトンとは、フランスのかばん職人が創設したブランドで、今では全世界で老若男女に人気のあるブランドです。
その歴史は古く、1854年に創設者のルイ・ヴィトンがフランスのカプシーヌ通りに旅行鞄店を設立したのが始まりです。
最も代表的なデザインであるモノグラムは、日本の家紋をヒントに作られたとも言われており、日本との深い関わりもあるのです。
そもそもこの創設者は14歳の頃、家出をしてパリを目指していたのですが、その道中様々な仕事をしていました。
その仕事の中に、荷造り用木箱の製造というものがあり、それが原点になっているのです。
このブランドが有名になったきっかけは、1867年に万国博覧会で銅メダルを獲得したことです。
これにより、世界的な評価をえることができたのですが、その地位を不動のものにしたのは影響力のある人物がこのブランドの鞄を購入したからとも言えます。
ロシアの皇太子やスペインの国王などです。
そして、ダミエというデザインを考え、1889年のパリ万国博覧会で金賞を受賞し、その地位を不動のものにしたのです。
その後、アメリカにも進出。
そして1978年には日本にも進出し、成功をおさめました。
最近ではデザイナーの村上隆とコラボレーションを行い、新たなデザインを発表するなど、常に進化し続けています。
この柔軟さが今でも圧倒的な人気を誇る理由と考えられます。
歴史のある老舗ブランドの場合、昔のデザインにこだわり続けるといったことがよくあるのですが、ヴィトンは常に新しい風を取り入れているのです。

ルイ・ヴィトンについて

ルイ・ヴィトンの歴史は古く、1854年初代ルイ・ヴィトンが「グリ・トリアノン・キャンバス」というキャンバス地を使用した世界初の旅行カバン専門店を開業した時から始まります。
このキャンバス地は軽くて防水加工を施しており、当時主流だった豚皮から比べて評判になりました。
またトランクを丸いものから上積みできる平らなものを考案し需要が拡大することになりました。
ナポレオン三世皇妃も使用しておりヨーロッパの王族たちがこぞって注文し、大人気となりました。
1885年にヴィトン社はロンドンに進出しました。
今でも愛されている「ダミエ・ライン」はこのころ誕生しました。
そして1896年に2代目ジョルジュ・ヴィトンによって「モノグラムキャンパス」が誕生しました。
トレードマークのこのデザインは、ルイ・ヴィトンのLVと日本の家紋をイメージしたといわれている花をモチーフにデザインされています。
このラインはコピー品の対策として作られました。
1914年にはパリのシャンゼリゼ通りに初の路面店をオープンしました。
3代目によってバッグなどの制作が可能になりのちのボストン系のバッグの原型が出来上がりました。
日本には、1978年に東京と大阪でストアがオープンしました。
1987年にはシャンパンメーカーであるモエ・ヘネシー社と合併し、クリスチャン・ディオールやフェンディなどの各有名ブランドを傘下にし、巨大ブランドとして成長し続けています。

ルイ・ヴィトンは人気のハイブランドです

ルイ・ヴィトンは世界中で多くの人たちから支持をされ愛用者がとても多いハイクラスのブランドです。
発売あれている商品の中でも皮が多く使われる製品が多いです。
鞄や小物類などは基本、皮製品がほとんです。
人気のモノグラムシリーズでは、徐々に皮の部分が日焼けしていき味がでてきます。
中には最初にわざと日焼けさせて使用する人もいます。
やはりこのブランドの良さは、この皮にあると言っても過言ではないです。
しっかりとした皮と丈夫な作りなので、鞄自体も長持ちしますし、皮製品は基本修理をしてくれますのでいつまでも長く愛用することができるブランドです。
また様々なファッションアイテムを販売していますが、とくに人気のアイテムは鞄になります。
多くのデザインがあり、様々なシーンで活躍してくれるアイテムです。
定番のデザインから流行のデザインまで幅広いラインナップがあります。
また同じデザインの鞄でも色味やシリーズが異なるとガラリと印象が変わります。
色や形なども豊富ですので、性別を問わず持つことができます。
他にもアクセサリーや靴、他にも服などもありルイ・ヴィトンらしいデザインでこちらも人気があります。
男性からはネクタイも人気があり、贈り物としても喜ばれるアイテムです。
こちらもルイ・ヴィトンらしい上品な色使いとデザインが多いのでビジネスシーンでも活躍してくれます。
このブランドのアイテムを上手に取り入れることでファッションのポイントになり、おしゃれ感もグンと上がります。

ルイ・ヴィトンの変わらぬ魅力

バブル期を境に、日本には多くの海外ブランドが進出したという歴史があります。
その中でもブランド文化の象徴とも言えるある、ルイ・ヴィトンの好かれるポイントは一体どこにあるのでしょうか。
それは大きくわけて二つあります。
一つは、その製品がルイ・ヴィトンのものであるということが明確にわかるデザインです。
限られた富裕層が所有しているという、現地でのブランドの存在や認識とは大きく異なり、日本のブランド文化とは、そのブランド製品を持つことによって自分自身にも価値を見出す点や大きな満足感を得るという感覚を指します。
そのため、日本の家紋をモチーフとして生み出されたモノグラムラインなど、一目見てヴィトンのものであることが判明するデザインは発売当初から現在に至るまで爆発的な人気を獲得しています。
二つ目は、絶妙に設定された価格ラインです。
ヴィトンの中でもオールレザーのエピなど、モノグラム以外の製品も多数存在し、上限価格で言えば一流ブランドとして立派な価格まで存在します。
しかし前述のモノグラムラインは比較的手が届きやすく、また数年前に発表されたネヴァーフルの価格は10万円以下などと更に購入しやすい価格となっています。
少し頑張って節約や貯金をすれば一般的な社会人であれば気軽に購入できる価格である点が大きなポイントの一つです。
このブランド文化が根付く日本人にとってとても魅力的であるモノグラムラインが、尚且つ購入しやすい価格であるという点が、ルイ・ヴィトンの好かれるポイントなのです。