ダイヤモンド買取写メール無料査定
選ばれる理由
ジュエリーファンアプリ

ダイヤモンド買取カテゴリ一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

カラーダイヤモンド買取

宅配キットについて
お客様の声
知識ポータルサイト
  • メールでのお問い合わせ
  • 宅配キット申込み

相場情報

金4,894円(+7円)
プラチナ3,703円(0円)
銀66.85円(+0.22円)
ただいま、強化買取中!
国内・世界各国のマーケットで販売
他社と比較するとこんなに変わる査定額
選ばれる6つの理由
田崎真珠高額買取事例

1 田崎真珠 パール ゴールド ネックレス 21万円

210,000円円

[田崎真珠 パール ゴールド ネックレス]

C社価格168,000円

D社価格172,000円

買取差額"最大"

42,000円

2 田崎真珠 ダイヤモンド リング 12万6千円

126,000円

[田崎真珠 ダイヤモンド リング]

C社価格93,000円

D社価格110,000円

買取差額"最大"

33,000円

田崎真珠 ファンシーカラーダイヤモンド イヤリング

100,000円

[田崎真珠 ファンシーカラーダイヤモンド イヤリング]

C社価格72,000円

D社価格86,000円

買取差額"最大"

28,000円

田崎真珠 シトリン ダイヤ リング

20,000円

[田崎真珠 シトリン ダイヤ リング]

C社価格12,000円

D社価格14,000円

買取差額"最大"

8,000円

5 田崎真珠 ゴールドパール ダイヤモンド ネックレス 2万3千円

23,000円

[田崎真珠 ゴールドパール ダイヤモンド ネックレス]

C社価格13,000円

D社価格16,000円

買取差額"最大"

10,000円

6 田崎真珠 ダイヤモンド アローブローチ 3万円

30,000円

[田崎真珠 ダイヤモンド アローブローチ]

C社価格14,000円

D社価格21,000円

買取差額"最大"

16,000円

7 田崎真珠 ブラックパール 2万4千円

24,000円

[田崎真珠 ブラックパール]

C社価格11,000円

D社価格15,000円

買取差額"最大"

13,000円

8 田崎真珠 スワン ダイヤモンド ペンダント 2万6千円

26,000円

[田崎真珠 スワン ダイヤモンド ペンダント]

C社価格10,000円

D社価格18,000円

買取差額"最大"

16,000円

田崎真珠 パールネックレス

24,000円

[田崎真珠 パールネックレス]

C社価格10,000円

D社価格12,000円

買取差額"最大"

14,000円

田崎真珠 パール ダイヤモンド リング

27,000円

[田崎真珠 パール ダイヤモンド リング]

C社価格12,000円

D社価格16,000円

買取差額"最大"

15,000円

GIAの資格を持つ鑑定士が適正に評価
TEL:0120-222-283
お問い合わせ
宅配保険が0円
ジュエリー以外にもブランド品の同時持ち込みで最低額UP!

選択できる3つの買取プラン

宅配買取

ご自宅にいながら、手間なくスムーズに買取することが可能になった宅配買取サービスです。全国各地、どのエリアからでも買取が可能で、送料、手数料、宅配キット代などの送料や査定料はすべて無料!他社の買取額では納得できなかった方はお気軽にご連絡ください。

店頭買取

この業界に精通し信頼されている鑑定士が、お客様を待たせることのないよう、一品5分ほどでのスピード査定を実施。また、早さだけではなく、一品一品丁寧に査定し、的確な買取価格を提示いたします。査定金額に納得された場合は、即現金でお支払いいたします。

出張買取

熟練された鑑定士がご自宅まで伺い、その場で査定・買取を行う出張買取サービスも行っております。時間がなかなか取れない方や、買い取ってほしい品物が多い方は、ぜひご利用ください。電話一本で出張いたします!その際の手数料や査定料は一切かかりません。

自宅でできる、宅配買取の手順

お申し込み

お問い合わせフォームから簡単に申し込むことができます。また、フリーダイヤルでのお申し込みの際は、当社スタッフが丁寧に説明いたします。お気軽にご連絡ください。

お品物の発送

受付が完了いたしますと、すぐに宅配キットをお送りします。お品物をひとつひとつ梱包し、所定のコンビニ、または運送会社にて当社までご発送ください。

査定

お客様から届いた大切なお品物を、信頼と実績のある鑑定士がスピーディーかつ、ひとつひとつ丁寧に査定していきます。

ご連絡

査定終了後は、買取金額などの査定結果をスタッフがご連絡いたします。買取価格にご納得された場合、直ちに指定された振込み先にご入金させていただきます。
こんな状態でも買取致します!

多少の汚れや傷み、破損箇所があっても買取可能です!まずはお気軽にご連絡ください。ただし、状態が悪いと買取金額に影響が出てきます。常にお手入れやメンテナンスを心がけることで、買取価格は大きく変わっていきます。

デザインが古い物

デザインが古い物

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

汚れ

色がくすんでいる

色がくすんでいる

黒ズミ

黒ズミ

チェーンが切れている

チェーンが切れている

石が取れている

石が取れている

傷がついている

傷がついている

イニシャル入り

イニシャル入り

ペンダントヘッドのみ

ペンダントヘッドのみ

傷あり

傷あり

石のみ

石のみ

インゴットOK

インゴットOK

喜平ネックレス

喜平ネックレス

石がない

石がない

石が取れている

石が取れている

切れてしまっている

切れてしまっている

片方しかないピアス

片方しかないピアス

貴金属コイン

貴金属コイン

急須

急須

金歯

金歯

金杯

金杯

宅配キットを申し込む
一覧へ
001

使わなくなった品を処分して、ジュエリーボックスがスッキリしました。

20代の頃から好きで集めてきたジュエリーやアクセサリーですが、だいぶ量もたまっていて使わないものをどう処分するか困っていました。そんなときにネットで知ったのがジュエリーファン。なかなか決心が付かないでいたのですが、そこでの評判も良く、買取してもらうことに決めました。自分で購入したり、プレゼントしてもらった品の大体は値段を把握していたのですが、買取額はまた別物。中には思っていた以上の高値で引き取ってもらったものもありました。また、鑑定士の方もひとつひとつ丁寧に鑑定内容を説明してくださったので、納得して買取をしてもらうことができました。

詳細へ
002

鑑定士が訪問してくれたので助かりました。

妻の遺品を整理していたとき、事情もあってすべてを残しておくことができず、ジュエリーファンに買取の相談をしたのがきっかけでした。できれば大事に使ってくれる人の手に渡って欲しい。そんな思いがありましたが、電話口でのスタッフさんの親切な対応にも感動し、買取してもらうことを決めました。あいにく足を悪くしているので、お店に出向くことができなかったのですが、鑑定士の方が私の都合に合わせて訪問してくれたので、大変助かりました。妻の遺品を大事に扱ってもらったのも印象的でした。本当に感謝しております。

詳細へ

ダイヤモンド買取カテゴリー一覧

ダイヤモンド買取ブランド一覧

田崎真珠ブランド説明

1954年、田崎俊作によって創立された、神戸に本社を構える田崎真珠(TASAKI)。最初は養殖真珠の加工・販売業として創業していました。1970年に絶滅の危機に陥っていたマベ真珠の養殖に成功し、真珠では国内トップクラスのメーカーにまで成長します。全国真珠品評会では農林水産大臣賞を通産で7回も受賞するほどの実績を持っています。1994年には世界最大手のダイヤモンド原石供給元でもあるデビアスグループ(DTC)から日本で唯一のサイトホルダーの資格を保有している企業です。サイトホルダーとは、デビアスグループから原石を直接取引できる資格のことで、取得をするためにはかなり厳しい審査を通過しなければなりません。この資格を保有したことで、本格的にダイヤモンド業界に参入することになります。
2009年には、ブランド名を田崎真珠からTASAKIと改名するとともに、クリエイティブディレクターにアメリカのオバマ大統領夫人も愛用している新鋭デザイナーのタクーン・パニクガル が就任し新たに始動しています。翌年の2010年4月に、銀座にある本店をリニューアルオープン。コレクション、シーズナル、ブライダルの三本柱で、世界で愛される作品の展開をしています。また2011年に、TASAKIの新しいオリジナル素材として「SAKURAゴールド」を発表。国内唯一のサイトホルダーを最大限に活用し、ダイヤモンドプロジェクト、Timeless Messageという原石に注目したダイヤモンドの新たな価値を提案し推進しています。 世界に進出する日本ブランドとして、ジュエリー業界でも注目されているブランドのひとつ。日本のみならず世界各国で人気なので、買取市場でも高値が期待できます。

田崎真珠は冠婚葬祭のジュエリーにぴったり

田崎真珠は兵庫県神戸市に本社を置く、国内で真珠や宝石の生産及び加工販売を行っているジュエリーブランドです。1954年、田崎俊作氏によって創業されました。1950年に長崎経済専門学校(現長崎大学経済学部)を卒業後、家業の真珠養殖場で修行し、その後1954年に養殖真珠の加工販売業として創業しました。1959年に会社を設立し、今日では真珠の生産及び加工販売において国内トップクラスです。日本真珠振興会が主催する全国真珠品評会では、農水大臣賞を7度受賞しており、お墨付きです。1970年には絶滅寸前だったマベ真珠の養殖を世界で初めて成功させました。1990年代に南アフリカに本社のある、世界最大手のダイヤモンド原石供給元デビアスグループからダイヤモンド原石を購入する権利を取得しました。それからは、真珠だけでなくダイヤモンド事業にも参入しました。田崎真珠は、デビアス社から供給を受けている唯一の日本の企業です。原石のまま購入し、加工は自社で行っているため良い品質のものが、低価格で提供されています。2009年秋にはオバマ大統領夫人もファンである気鋭デザイナーのタクーン・パニクガル氏がクリエイティブディレクターに就任しています。老舗である田崎真珠と新しい発想をするデザイナーという組み合わせにより、またさらに新しいものを産み出しています。2012年2月1日より、田崎真珠からTASAKIへ商号を改めました。真珠のイメージが強いジュエリーブランドですが、デビアス社の日本唯一のサイトホルダーとして認められ現在では、多くの女性に婚約指輪、結婚指輪としてTASAKIのジュエリーは選ばれています。TASAKIの指輪の特徴は、原石からカットし加工しているのは日本でここだけということと、その事から石と台を別々に選ぶことが出来る技術を持っているというのが特徴です。また婚約指輪や結婚指輪を購入された方には、 特典で本物ダイヤのティアラを無料で貸し出ししているそうです。本物の輝きは、挙式での花嫁をさらに美しく見せてくれるはずです。このティアラもさまざまな種類があり、真珠が付いているものエレガントで人気なようです。また嫁入り道具の一つや、結婚記念品としてネームバリューも申し分ないTASAKIのパールネックレスを、選ばれているようです。冠婚葬祭に使えて、品質も良く恥ずかしくないもの、ずっと使えるものということで、どの年代の女性にでもあうジュエリーを提供してくれています。

田崎真珠についてのご紹介

株式会社TASAKIは、兵庫県神戸市中央区に本社を置いている宝石を加工、販売している企業で、東京銀剤にジュエリータワーTASAKI銀座店があります。1954年に創業され国内で真珠の生産や加工販売をおこなっておりトップクラスの実力があり、日本真珠振興会が主催する全国真珠品評会では農水大臣賞を7度受賞しております。1990年代にはデビアスグループからダイヤモンド原石を購入する権利を取得してダイヤモンド事業にも参入していきます。1994年にダイヤモンド・トレーディング・カンパニーで日本で唯一となるDTCサイトホルダーの資格を取得しました。2007年12月に筆頭株主のサハダイヤモンドからサハの取締役を田崎真珠の役員に専任するよう提案がありましたが反対意見を表明したようです。2010年1月に英文社名をTasaki Shinju Co.,LtdからTasaki & Co.,Ltdに変更しました。また、2012年2月1日にTASAKIに商号を変更しました。真珠の養殖場としては長崎県佐世保市に九十九養殖場、兵庫県神戸市中央区に田崎ジュエリービルがあります。宝飾品を販売することを通じて、最高の品質とおもてなしの心で顧客に満足を提供することができるように、その努力を継続していくことを経営理念としております。また、スタッフの一人一人の特性や能力が発揮され、新しいことへ積極的にチャレンジできるような自由で活き活きとした企業風土作りを目指していると言われております。田崎真珠は滋養豊な水の日本領海での養殖をしており、確かな技術を持っている職人たちによる選別や加工、販売までを一貫しておこなっております。品質においては最高のものだけを使用しております。クリエイティブ・ディレクターにニューヨーク在住のタクーン・パニクガルを起用しており、革新的なデザインをコレクションラインに展開しております。タクーン・パニクガルは、パールの持つ美しさと伝統性を好んでおり、ダイヤモンドやカラーストーンも同じように、いつも意外な一面を持った作品を作りたいという想いを持っているようです。TASAKIでは早くからジュエリーデザインの重要性を感じてろい、1962年そのクリエイティビティを終結するデザイン室を設置し、優れたデザイナーを排出し続けております。国内外のジュエリーデザインコンテストでも多くの受賞歴を誇っていると言われております。

日本のメーカー田崎真珠とは

田崎真珠とは、神戸市中央区に本社を構える、日本屈指の真珠やアクセサリーなどを生産、販売する会社です。
1954年に創業されて以来、日本の真珠の生産、及び加工技術は、日本のトップクラスであり、真珠の品評会では、数多くの賞を受賞しています。
長崎県で真珠の養殖を行っています。
また、真珠だけでなく、1990年代に入るとデビアスグループから、ダイヤモンド原石を購入する権利を取得し、ダイヤモンド事業も展開するようになりました。
また、真珠や宝石を扱う店舗は、国内のみならず、中国、香港、台湾、韓国、アメリカ、フランス、イギリスにも店舗を構えています。
本社は、神戸市ありますが、店舗の本店は、数多くのジュエリーブランドが店舗を構えている銀座に構えています。
ディスプレイやビルの作りにもこだわりのある本店です。
ジュエリーのデザインにも定評があり、早くからデザインを重視した様々なアクセサリーを販売しています。
歴史は古く、1962年にデザインに重点を置くために作られたデザイン室が始まりで、現在では、クリエイティブディレクターにアメリカ大統領夫人もがその作品を愛用している新鋭のデザイナーであるニューヨーク在住のタクーン・パニクガルを招いて、世界中に愛されるデザイン、ジュエリーを作り続けています。
最高の品質と最高のおもてなしの心で最高の顧客満足を提供出来るように日々、多剤真珠のブランド力を日本のみならず世界に発信しています。

田崎真珠のれきしについて

本社を神戸に構えるジュエリーブランドです 田崎真珠の歴史は、創業者の田崎俊作氏は、1929年長崎に生まれ、1950年長崎経済専門学校(現在の長崎大学経済学部)を卒業後家業の真珠養殖場で就業し、その後1954年養殖真珠の加工販売業として創業しました。
絶滅寸前のマベ真珠の養殖に1970年に成功し、全国真珠品評会で農林水産大臣賞を通算七回も受賞し田崎真珠は、国内のトップクラスメーカーとなりました。
2009年には、アメリカ大統領オバマ夫人もファンである気鋭デザイナーのタクーン・パニクガル氏がクリエイティブディレクターに就任しました。
「海に囲まれ、豊かな自然とともに生きることで育まれた日本の美意識。
繊細さと艶やかさをあわせ持つ、世界が注目するその美の精神こそ、KASAKIのジュエリーの全てに宿るものです。
TAKASAKIは自社の真珠養殖場を持ち、ダイヤのこうどな自社研磨技術を認められた日本唯一のメゾン。
自社製造のこだわりと自然を愛する美の文化が作りだす上質な光は、身につける人と調和しつつ、その人だけの美しさを艶やかな輝きへ高めます。
比類なき美意識が流れる日本のプレミアムジュエラー、それがTAKASAKIなのです」をコンセプトとします。
世界選手権と五輪で前人未到の13大会連続世界一を果たし、国民栄誉賞に輝いたレスリング女子の吉田選手には、三重県出身ということで地元のミキモトの真珠を記念品が送られました。

田崎真珠が多く使われる製品は真珠のアクセサリー

田崎真珠は、兵庫県に本社を構える有名宝石店です。
特に真珠に関しては、養殖から製造、加工までを一貫して管理しており、国内では右に出るものがいない程のトップクラスです。
日本真珠復興会主催の全国真珠品評会でも、これまで農水大臣賞を7回も受賞しています。
また、1970年に、世界で初めてマベ真珠の養殖に成功したという実績を持っています。
当時、天然の真珠が絶滅寸前であったため、この危機を救った功績は日本だけでなく、世界中からも認められました。
自然界の神秘の結晶である真珠の養殖は、大変難しく、並みの努力では成功する事ができません。
真珠の養殖における確かな技術は、長年の熱心な研究によって生み出されたものです。
そんな田崎真珠が多く使われる製品は、もちろん真珠を使ったネックレス、ピアス、イヤリング、指輪、ブローチなどのアクセサリー類です。
中でも人気なのは、やはりネックレスやピアスのセットなど、冠婚葬祭でも使える真珠のアクセサリーです。
そしてその美しさは宝石や真珠に詳しくない素人でも一目で分かる程の品質です。
田崎真珠のアクセサリーは、どこに行っても恥ずかしくないブランドで、プレゼントとしても大変喜ばれています。
お誕生日や大切な記念日に贈る方、贈られる方も多く、そのほとんどは真珠のアクセサリーです。
現在社名は「TASAKI」と改められ、日本が誇るジュエリーブランドとして世界中で愛されるショップを目指しています。

田崎真珠の好かれるポイントについて語らせてください

いつの時代でも、宝石は高価なものであり時に権力の象徴にもなってきたものです。
真珠も例外ではないのですが、数ある宝石の中でも真珠は特殊な例になります。
それは、生きている貝の中に入った異物を貝自身が反応して異物を分泌物で覆ってしまうのが真珠の生成につながるからです。
よって、古代から真珠はあるのですが、それは自然界が生み出したちょっとした奇跡のようなものになります。
何故ならば、綺麗な形になるかどうかは入り込んだ異物の形状によることが大きいし、形あるものになるかどうかもわからないからです。
したがって、人の手にかからずに出来た天然の真珠は本当に希少価値のあるものとして珍重されたのですが、だからこそ高価でもあったのです。
時にはダイヤモンドよりも高価だった時代もあるくらいなのです。
しかし、ついに1900年頃のことになると日本で真珠の養殖に成功するという快挙を遂げる時がきます。
日本では、冠婚葬祭に身に付けることができる宝石として需要が広がり真珠の養殖を行い、販売を行う業者が一気に増加したのが昭和の時代です。
タイミング良く、日本の経済は好景気に沸き真珠を買い求める購入者も殺到したものです。
田崎真珠もそんな時代の波にのって1959年に、設立された業者になります。
今では、ダイヤモンドの原石を買い付けて扱うようにもなっています。
田崎真珠の好かれるポイントは、その類まれなる洗練されたセンスの良いデザインだけではなく、様々な世代のどんなシーンにも合わせることができる品物を揃えていることです。